delight
MENU

産婦人科で不妊治療の検査や治療を|ママの身体改善プログラム

大事な栄養素

栄養の中でもカルシウム

椅子に座る女性

妊婦にとって妊娠中、どんな食事をとるかは重要な問題です。おなかの中で人間を育てるのですから、通常時より多くの栄養をバランスよく摂取しなければなりません。 妊娠が判明したら、積極的に摂りたいのがカルシウムです。カルシウムは、骨・筋肉の形成や、免疫力等に深くかかわる重要な栄養素です。妊婦の身体の中の栄養素が不足すれば、赤ちゃんの成長のためにお母さん自身のカルシウムを回してしまいます。その結果、お母さんの骨粗鬆症のリスクが高まるといわれています。健康な赤ちゃんを産むためにも、お母さん自身のためにもカルシウムを摂ることは大切です。カルシウムは身体に蓄積されにくい栄養です。カルシウムを快適に、効率よく利用するためには日常的に摂取することをお勧めします。

妊婦の体はデリケート

妊婦に必要とされているカルシウムの一日当たりの量は、900mgです。妊娠していない状態の600mgの1.5倍ですから、意識して積極的にカルシウムを取らなければなりません。カルシウムを摂取するならば、干しエビやヨーグルト・牛乳を食べることをお勧めします。ただ、必要量を食品だけでカバーするのは至難の業。妊婦の身体はデリケートです。体調不良を起こしやすく、味覚の変化など様々な問題が表れやすいのでなおさらです。 不足分はサプリメントで補うことをおすすめします。サプリメントは、コンビニや薬局等で手に入ります。カルシウムのサプリメントは、インターネット等でも安価に購入できますので積極的に利用するようにしましょう。